「チョイ小型」が人気。日本専用モデルの「ハリアー」

1
狭い道路が多い日本国内でも運転しやすいように
従来モデルより一回り小さくした新型車の発売が
各メーカーよりあいついでいます!

中でも注目なのが、燃費も速さもバランスのいい一台となっている
トヨタの新型「ハリアー」は、「日本専用モデル」として発売されました。

1
大胆に生まれ変わったフロントグリルは
高級感があり、設定色であるディープボルドーは
他の車にはないカラーで個性を演出しています。

パノラミックビューモニターなどの充実した先進かつ快適な
装備も人気を集めている様です。

街中でも高速道路でも
安定した軽やかな走りにユーザーからの評価も高いようです。

ガソリン仕様とハイブリッド仕様があり
燃費はハイブリッドが21.4~21.8km/L
ガソリン車が14.8~16.0km/Lとなっています。

走行中は静粛そのもの。
いままでありそうでなかった、という声も多く
これからさらに人気が高まりそうな気配です。

スペックも装備も違うので単純比較はできないものの、2WDで約90万円、4WDで約70万円の価格差は小さくない。

排気量も従来の2・4~3・5リットルから2~2・5リットルへと
小さくなっており、現代のニーズに合った車の登場といえそうですね。